おすすめ旅行プランまとめ

おすすめの旅行プランを体験談を通して紹介しています。おすすめ観光スポット、穴場スポット、格安で海外旅行に行く方法の紹介等、旅行に役立つ情報を提供していきます。旅行でどこに行くか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

冬の京都おすすめスポット ~京都観光ならここへ行け!元京都府民が教える最高のスポット!~

      2016/12/19

秋も通り越し、ついにあたりは冬の様相に。

でもこんなに寒くなってきたからこそ、また旅に出たくなるんですよね♪木枯らしに吹かれながら見る旅先の景色は格別です。

特に冬枯れの京都は、寂しいながらも情緒のある景色が広がっています。今回は日帰りの京都観光のおすすめスポットをルート順にお教えしましょう♪

京都市内旅行はバス移動がとっても大変なので、バス移動は極力少なくし、歩いて京都の街並みを楽しみながら観光できるプランにしてみました!

今回のルートはこちら♪kyou1

出発地:JR京都駅
① 知恩院
② 今宮神社
③ あぶり餅
④ 金閣寺
⑤ 竜安寺
⑥ 錦市場
バスでの移動は①から②までの区間と、⑤から⑥までの区間の最小に遠めています♪

それでは各スポットを紹介していきましょう!

Sponser Link



① 知恩院

kyou2

この壮大な三門を構える知恩院。

法然上人…つまり浄土宗にゆかりの深いお寺です。というか総本山です。

写真でも紹介している三門は特にみどころのある景色です。

この三門の中は通常は非公開。しかし年に2回、特別公開をしているので、見たいという方はぜひタイミングを見計らって訪れるようにしましょう!

門の内部は天井・壁一面に極彩色の装飾がなされているほか、重要文化財の仏像が並んでいます。

とても神々しい雰囲気ですので、ぜひ訪れてみてください!もちろん境内も素晴らしい空気に包まれています。
冷たい空気が心と体をぐっと引き締めてくれて、

より荘厳な景色が心の中に飛び込んでくることでしょう。自分を見つめなおす…という意味でも冬に訪れるといいのかもしれません。

☆基本情報☆
名称:総本山 知恩院
住所:〒605-8686
京都府京都市東山区林下町400
参拝可能時間:午前9時~午後4時30分(最終受付午後4時)
料金:高校生以上500円 小中学生250円
公式HP:http://www.chion-in.or.jp/index.php

② 今宮神社

kyou3

知恩院からバスに揺られること約20分、京都の北部、北区に位置する今宮神社。

疫病を治癒するご利益があるので、最近体調が…という方には特におすすめです。

創建は古く平安時代初期の900年代。今から1000年以上も前ですね。時の流れと歴史を感じることができる場所です。

ちなみに…今宮神社の御祭神は疫病にご利益があるのですが、実はこの今宮神社にはある縁があるのです。

その縁からつけられた別名が「玉の輿神社」!

そうです。「玉の輿」の語源となった人物ととても縁の深い神社なのです。

それにのっかって(?)この神社を参拝すると玉の輿に乗れるんだとか…(笑)

ちなみにその逸話については下記のリンクを読んでみてください♪
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/03/019/
*玉の輿守の欄に書かれていますよ♪

☆基本情報☆
名称:今宮神社
住所:〒603-8243
京都府京都市北区紫野今宮町21
参拝可能時間:特になし
料金:無料
公式HP: http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/03/019/

③ かざり屋と一文字屋和輔のあぶり餅

kyou4

今宮神社を訪れたならば、必ず訪れたいのがこの2軒のあぶり餅屋さん。

あぶり餅とはきな粉をあんぶした餅を竹串に刺し、炭火で炙った後、白味噌のタレを塗った餅菓子または串に刺してあぶったおかきや煎餅の総称を指します。

こちらで売っているのはもちもちのお餅を炭火で炙って、白味噌のタレを塗ったものですね。神社から出て右側が「かざり屋」さん、左側が「一和」さん。

味の違いこそほとんどありませんが、元祖は「一和」さん。なんと創業1000年という京和菓子屋さんの中で最も長い歴史をもっています。

店舗も築120年というから驚きです!

伝統の京町屋の雰囲気がとてもいい味を出しています。今宮神社を訪れた際にはぜひご賞味くださいね♪

☆基本情報☆
名称:一和(一文字屋和輔)
住所:〒603-8243
京都府京都市北区紫野今宮町96
営業時間:午前9時~午後5時
料金:一本500円~(お持ち帰り用アリ)

④ 金閣寺

kyou5

京都といえば金閣寺は外せません!

ありきたりな観光地だからこそしっかりと押さえておきましょう!金閣寺は正式には鹿苑寺というお寺の中の建物。
金閣寺以外の建物もしっかりと見どころがあります。

でもやっぱり冬の金閣寺といえば、見たいのが雪化粧を施した金閣寺ですよね!12月下旬~2月上旬が雪化粧のチャンスですが、こればかりは運次第でしょう。

私がこの写真を撮った時には雪化粧はうっすらと残っている程度でした…(笑)

寒ければ寒いほどチャンスですので、気温が低い!チャンスだ!と思うようにして積極的に金閣寺を訪れましょう!

☆基本情報☆
名称:鹿苑寺
住所:〒603-8361
京都府京都市北区金閣寺町1
参拝可能時間:午前9時から午後5時
料金:大人(高校生以上)400円 小中学生300円
公式HP:http://www.shokoku-ji.jp/top.php

⑤ 竜安寺

kyou6

京都の世界遺産のうちの一つ、龍安寺の石庭、枯山水です。

金閣寺から衣笠の道という道を下れば見えてきます。

冬枯れの京都にぴったりの物悲しい雰囲気に、水一つない簡素な大河の景色が最高の雰囲気を演出します。時が流れるのを忘れてじーっと見つめるもよし、石庭内のすべての石が一度に見渡せないか探すのもよし、人それぞれの楽しみ方で世界に誇る石庭を楽しみましょう。

☆基本情報☆
名称:龍安寺
住所:〒616-8001
京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13
参拝可能時間:
3月1日~11月30日 午前8時~午後5時
12月1日~2月末日 午前8時30分~午後4時30分
料金:大人(高校生以上)500円 小中学生300円
公式HP: http://www.ryoanji.jp/smph/index.html

⑥ 錦市場

kyou7

龍安寺前からバスに乗り、河原町まで戻ると、最後は京の市場でお買い物です。

錦市場では新鮮な京野菜から関西近郊で採れるたくさんの食材が並びます。京伝統のお漬物や和菓子のお店などもあるため、食べ歩きとしても楽しむことができるのも魅力の一つ。

食材を買って家で楽しむのもよし、その場でおいしいお店を見つけるもよし。好きな楽しみ方で京伝統の市場を楽しみましょう!

☆基本情報☆
名称:錦市場商店街
住所:〒616-8001
特定の住所は指定されていないので、下記リンクでアクセスを確認してください。
http://kyoto-nishiki.or.jp/access.html
公式HP:http://kyoto-nishiki.or.jp/

まとめ

冬の京都旅行、どうだったでしょうか?

京都は移動が大変…!ということで移動を極力徒歩にし、京都の街並みを楽しめるプランにしました!

プランも最小限に厳選しているので、まったりと観光しても時間に余裕のあるプランとなっています。

元京都府民が執筆しているので、各スポットは間違いなくオススメできます♪冬の京都をゆっくりまったりと楽しむ。
まさに大人な京都旅ですね。時間に余裕をもって京都の風情を楽しんでくださいね。

私の京都観光記事も参考にしてくださいね。
京都を満喫するならどう回る?おすすめ観光コース ~安井金比羅宮に感動~





海外旅行に行く前に要チェック!

海外旅行でのスマホやWi-Fiレンタル等の準備はどうすればいい?高額請求されないために