南国気分を味わえる高知旅行 ~ドライブ好きにおすすめの意外と知られていないリゾート地~

国内

四国南端に位置する高知県。暖かい気候はまさに南国!

さらに北は四国山地、南は太平洋と自然に囲まれた高知県は意外と知られていない日本でも有数のリゾート地である!

この魅力を伝えたい…!と思い実際に旅してきました!

今回の旅でも魅力をたくさん発見できましたので、余すことなく紹介したいと思います。自分の目で見て、肌で感じた体験記ですので、旅の参考にしてください。

高知県は私の出発地大阪から車で4時間です。

高知1

海・山・川…たくさんの自然を風で感じるので最高のドライブです。徳島・香川と通過するので、ちょっと寄り道…なんてのもアリですね。(実際に徳島にちょっと寄り道しちゃいました。今回は割愛)

高知旅行 1日目 四国自動車博物館へ

まず私が最初に訪れたのは、四国自動車博物館。

高知2
日本を代表する歴代のスポーツカーや、世界を代表するスポーツカーなどが所狭しと並びます。

ネッツトヨタ南国が運営しているだけあって、その種類は圧巻!

車ファンならずとも車の美しさや歴史を楽しむことができます。数多くの資料や実際の走行映像も楽しめるため、車好きにはたまらない空間です。高速から降りてすぐ・無料駐車場完備というところも足が運びやすくて高評価でした。

四国自動車博物館:http://www.vistanet.co.jp/museum.htm
・開館時間:10:00~17:00
・休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館)
・入館料:おとな800円 高校生以上学生500円 小中学生300円 シルバー料金(65歳以上)600円障碍者・団体割割引有

高知はどんな人におすすめの旅行プラン?

車好きな方には絶対オススメです。車好きでなくても男性はほとんどが楽しめます。女性は少し苦手な人がいるかもしれません。

・注意事項
特にありません。

やなせたかし記念館へ

次に私が訪れたのはやなせたかし記念館。

やなせたかし記念館はアンパンマンミュージアムと詩とメルヘン絵本館が併設された施設です。

アンパンマン好き…いえ、やなせたかし先生を尊敬する私はここを訪れないわけには行きませんでした。と、いうのも高知県はやなせたかし先生が学生時代をすごした町であり、多大な影響を受けた場所。そこに建てられた記念館なので、よりやなせたかし先生を感じることができるかなと思ったからです。

高知3ロケーションは最高。もちろん駐車場は無料。

広大な敷地に建てられた記念館は、様々なアンパンマンのモニュメントに囲まれ、まさに子どもの楽園。

芝生広場を走り回る子どももいれば、お父さんたちとアンパンマンの像と写真を撮る子ども。中にはカップルもいて、まさに幸せの空間!やなせたかし先t生の思い描く平和がそこにはありました。

記念館の中はアンパンマンの工場を再現した部屋や、やなせたかし先生の作品。アンパンマンの巨大肖像画など、アンパンマン好きならずとも楽しめる数々の展示物があり、ぐるりと回るだけでも2時間はかかろうかという広さ。

アンパンマン好きな子どもにとっては、興奮の絶えない夢の空間だと思います。館内の写真撮影はやなせたかし先生の意向により撮影自由ですが、ウェブ上にアップすることは禁止されているため残念ですがここに載せることはできません。

ぜひ実際に訪れて、ご自身で楽しんで下さいね。

詩とメルヘン絵本館は、やなせたかし先生の絵本はもちろん。世界の様々な絵本や詩集などを展示・販売する場所で、こちらはどちらかというと大人向けの施設です。平和・愛・正義を歌ったやなせたかし先生の詩集は必見です。

香美市立やなせたかし記念館:http://anpanman-museum.net/
・開館時間:09:30~17:00(入館は16:30まで)
・休館日:火曜日(ただし一部期間は開館*HP参照)
・入館料:一般 大人700円 中・高校生:500円 小人300円

初日はここで時間切れ。旅館は香美町の夢の温泉へ

旅館は香美町の夢の温泉にお世話になることにしました。

物部川という小さな川のほとりに旅館を構える夢の温泉は簡素な旅館ながらも温かみの感じる旅館です。

私は国内旅行の際には洋式のホテルではなく、旅館や民宿に泊まるようにしています。日常生活ですっかり洋式の生活に慣れてしまった体を和の空気でリフレッシュさせてくれるからです。

畳の匂い…ご飯を炊く香り…木の匂い…どれも日本の良さですよね。

夢の温泉ではそんな良さを十二分に楽しむことができます。ご主人や従業員の方の接客も大変愛情がこもっており、満足に一泊を過ごすことができました。

食事ももちろん高知県の魅力がたっぷり詰まった料理を楽しむことが出来ます。

高知4

事前に予約をすると高知名物皿鉢料理も楽しむことができますよ。

夢の温泉:http://www.yumeno.jp/
一番人気の一泊二食付きのスタンダードプランは9000円~

家族連れには、周りの宿泊客を気にしなくて、安心できる離れの部屋もあり。貸しきり風呂も予約すれば利用できます。カップルというよりは家族向けの旅館です。ホテルのような華やかさはありませんが、旅館のよさをゆっくりと楽しむことが出来ます。

1日目プラン まとめ

07:00 大阪出発
11:00 四国自動車博物館到着、見学
12:00 四国自動車博物館出発
12:30 アンパンマンミュージアム到着、見学
17:30 アンパンマンミュージアム出発
18:00 夢の温泉 到着

高知旅行2日目

爽やかな日差しを浴びて、心地よく目覚め朝食を食べて出発!

高知県は水が美しい県としてとっても有名なので水がおいしい!そして水がおいしいところはもれなくお米がおいしい!夢の温泉の朝ごはんの白ご飯もとってもおいしかった~。

旅行の予定を合わせるのはなかなか難しいですが、高知県を訪れるならぜひ日曜日に訪れて欲しいんです。

高知5

…というにも高知市では毎週日曜日に日曜市と呼ばれる大規模な市が開催され、そこではおいしいグルメやおシャレな雑貨などがたくさん購入できるからです。それも安いお値段で。

高知名物1×1=1のアイスクリンや、大平商店の天ぷらなどもちゃんと購入できます♪高知ならではの野菜なども購入できるため、大きめのカバンやガラガラなどを持って行くととっても便利だと思います。

高知6

高知市日曜市:http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/39/nichiyouichi.html
・開催時間:04月~09月:5時~18時 10月~03月:5時半~17時
・休み:01月01日02日が日曜日の場合は開催されず、よさこいと重なる日曜日も開催されないようです。
・注意事項:基本的に売り切れたら店じまいというため、人気屋台は早めにチェックしる必要アリ。

日曜市にいったら、次は高知城へ。

歩いて数分の距離にあるため、ついでに訪れることができるのは嬉しいですよね。

高知7

1603年に山内一豊によって創建された高知城。高知城の良さはなんといっても江戸時代からの城の在り方をそのまま残しているという点。

現役の追手門から天守閣を同時に見られるお城は全国を探しても高知城くらいしかないのではないでしょうか。さらに名古屋城など復旧作業の入ったお城の御殿というのはきらびやかな装飾がなされているのに対し、高知城はそのままの姿の御殿を残しています。

昔の空気を感じることができる…という点でとても貴重なお城だといえます。筆者の私、教育職に就いており、社会を教えているのですが、こうした当時の雰囲気を感じることはもっとも効果的な歴史教育だと思っています。

そういった意味では楽しみながら学ぶことが出来るという場所でもありますね。まぁ、堅い話ばかりしたら旅行がしらけちゃいますよね(笑)

歴史に興味のない方でも展望台としてその役割をしっかりと果たしてくれていますよ!天守閣から高知市内を一望することができます。

爽やかな風が吹きぬけ、とても心地よい空間でした。

高知城:http://kochipark.jp/kochijyo/
・開館時間 09:00~17:00(入館は16:30まで)
・休館日:12月26日~01月01日
・入館料:18歳以上 個人420円 団体(20名以上)330円 18歳未満(学生証提示要) 無料
・注意事項
駐車場有料:1時間まで 360円 以降30分毎に100円
どのお城にも共通するのですが、城内の階段は急であるため、女性の場合、スカートをはいていくと登りづらいです…。パンツをオススメします。

ちなみに余談ですが、駐車場を探していた私たちに高知にお住まいのご婦人が声をかけていただき、ご自宅の駐車場を貸してくれました…。南国の気候に住んでいる人って本当に気さくで優しいですよね。

こういった経験からも高知県が大好きになってしまった私です(笑)

高知城を後にした私が向かったのは…モチロン!高知といえば坂本龍馬でしょう!ということで桂浜のほうへ向かいます。

坂本龍馬も訪れた桂浜

松の木と美しい浜が絶妙にマッチしてすばらしい景色を見ることが出来ます。

高知8
桂浜でもアイスクリンなどの出店が出ているため、ちょっとしたおやつも楽しむことが出来ますよ。桂浜に行けば隣接した坂本龍馬記念館も訪れましょう。

高知といえば龍馬に関する史跡は辿らずにはいられません。こちら龍馬記念館は坂本龍馬に関する様々な資料が展示されています。

中でも龍馬直筆の手紙などは必見!字は体を現すというとおり、坂本龍馬の性格の一端を垣間見ることが出来ます。

尊敬できる先生には心のこもった丁寧な字を、親しい家族にはやんちゃな性格を現す荒々しいh字を…といったように、龍馬の性格を読みとることが出来ます。

幕末の英雄だって1人の人間だったということを感じることが出来ます。そういった意味でとても訪れる価値のある記念館だということができます。実際に歴史好きな私は3時間ほど滞在し、同行者に呆れられてしまいました(笑)

しかし、それほどまでに魅力的な記念館だという事が出来ます。高知を訪れた際にはぜひとも訪れていただきたく思います。

高知9高知県立坂本龍馬記念館:http://www.ryoma-kinenkan.jp/
・開館時間:09:00~17:00
・休館日:年中無休
・入館料:大人(18歳以上500円 団体(20名以上)400円 18歳以下:無料
・駐車場:無料駐車場完備

龍馬好き・歴史好きは必ず訪れるべき観光地です。

龍馬記念館を後にした私は夕食を食べるためにひろめ市場へ。

ひろめ市場とは高知市内に設けられた公設市場のようなところ。

高知10

高知城・日曜市からも近いため、気軽に立ち寄れる市場です。場内では高知を代表するグルメ店がずらり。

高知名物鍋焼きラーメンかたカツオにいたるまでありとあらゆる高知グルメをその場で楽しむことが出来ます。

中でも高知名物カツオのたたき…さらに藁でたたきにする藁焼きで有名な明神丸のカツオのたたきは必ず食してください。

鮮度の高いカツオ…それを藁でたたきにすることで生まれる絶妙な香ばしさ。

高知11

カツオが苦手だった私の同行者もここのたたきで一気にカツオのタタキにハマってしまったほどです。

夕食でもランチでも楽しめるひろめ市場。高知での一食はここで決まりです!

ひろめ市場:http://www.hirome.co.jp/page/pc/
・営業時間:平日・土曜日・祝日08:00~23:00 日曜日07:00~23:00
・休場日:元日、01、05、09月の第2または第3水曜日(HP用チェック)
・駐車場:近隣に併設 最初の1時間300円以後30分毎に100円

高知旅行2日目プランまとめ

09:00 旅館出発
09:30 日曜市到着、散策
11:30 高知城散策
13:00 高知城出発
13:30 龍馬記念館到着
17:00 龍馬記念館出発
17:30 ひろめ市場到着夕食
19:00 高知県出発、大阪へ

1泊2日の高知旅行。南国気分を味わいつつ、日本の自然を感じた旅行でした。やはり山と海に挟まれた県というのは、食事がおいしい!

山の幸と海の幸の両方を味わうことが出来るし、長年の知恵が生かされて調理されているだけあった本当に無駄がないんです。どこに行っても食事がおいしかったというのがとても印象的でした。

あと…地味に嬉しかったのが無料駐車場完備が多かったこと。意外と駐車場ってお金がかかるんですよね…。長い時間とめてもお金がかからないってゆっくりと旅行を満喫するには小さいながら大切な要素だったりします。

とても満足の高知旅行でした。

利用会社

じゃらん:旅館の予約に使いました。旅行で貯めたポイントを、提携先の他のサイトでも使えることが嬉しいです。





海外旅行に行く前に要チェック!

海外旅行でのスマホやWi-Fiレンタル等の準備はどうすればいい?高額請求されないために


コメント

タイトルとURLをコピーしました