ハワイ・ラニカイビーチ満喫の旅 ~ホテルコンドミニアムで格安ハワイ旅行~

ハワイ

真っ青な海に癒やされよう!ハワイ・ラニカイビーチ満喫の旅

毎日毎日パソコン仕事。あくせくしている私たちは、ある日急に思い立ったのです。

「青いお空と青い海を見ながら、ボケーッとする! ただそれだけ、って旅しない?」

そして、私たちが選んだのは、ハワイの北側、ホノルルから車で30分ほどのところにある「ラニカイビーチ」。

「よし! いろいろぶっちぎって、まるまる一週間、行って来ちゃおう!」

そういう訳で、ハワイはラニカイビーチ滞在の旅に、出発進行!!

hawai1

現地の「足」は、レンタカーで!

羽田空港からの夜便で8時間、ホノルルに朝の7時に到着した私たち。その足で、空港からすぐの所にあるレンタカーショップへ。現地の足は、レンタカー。

国際免許を持っている友人の運転で、ハワイを周遊することに!

ハワイのレンタカー、ナンバーがとっても可愛いのです。

じゃん。

hawai2

レインボー!

ラニカイビーチから徒歩五分のコンドミニアムへチェックイン!

そして、レンタカーに乗り込んだ私たちは、いざラニカイビーチへ。

地図を読みつつ、なんとかネットで予約していたコンドミニアムに辿り着いたのでした。

こちらのコンドミニアムは、東京からネットで予約いたしました。一週間で850ドル。1ドル120円なので、102,000円。二人でシェアしたので、一人51,000円です。

一週間、6泊7日を、5万円で泊まれるというのは、とっても嬉しいですよね!

ラニカイビーチには、「ホールフーズ」というオーガニックの食材をそろえた大型スーパーがあります。こちらで食材を買って、お部屋で調理すれば、食費も節約!

hawai3

日本から持ってきた素麺と、「ホールフーズ」で買った野菜、マグロの漬けであるハワイの名産物「アヒ」で、胃に優しい食事を摂りつつ、翌日からの計画を立てたのでした。

ラニカイ・パンケーキに舌鼓

翌、二日目。

私たちは終日、ラニカイビーチにて、風に吹かれつつ、読書タイム。そして、気が向いたら、コンドミニアムにおいてあった浮き輪で、プカプカと海に浮かぶ。

「あー、ほんとに見渡す限り青い海。癒やされるー」

そして、ビーチには、誰かが作ったこんなに可愛いお砂の雪だるまが。

hawai4

かわいい!!

そして、お昼は、地元のパンケーキ屋さんへ。

ラニカイのパンケーキ屋さんは、「ソース」が掛かっている店が多く、私たちが訪れた「モケズ・ブレッド

&ブレイクファースト」のイチオシ、リリコイパンケーキのソースは、レモン味です。

hawai5

甘さ控えめで、さっぱりと食べられますよ!こちらは、東京の中目黒にもお店を出しています。是非皆様も、日本で「ラニカイの味」をお楽しみください。

Moke’s Bread & Breakfast 基本情報

[エリア] カイルア
[アクセス] メイシーズ・カイルアから徒歩5分。
[住所] 27 Hoola’i St, Kailua
[電話] 808-261-5565
[営業時間] 6:30〜14:00(ランチは11:00〜)、火曜定休

モケス ブレッドアンドブレックファースト 中目黒店 (Moke’s Bread & Breakfast)
03-6451-2400
住所:東京都目黒区上目黒1-17-8 中目黒KRKビル 1~2F
東急東横線・日比谷線『中目黒駅』より徒歩2分
営業時間:9:00-22:00(LO21:00)
朝食営業、ランチ営業、日曜営業
定休日:無

ハナウマベイでシュノーケル体験

ビーチとパンケーキで、日頃の疲れが吹き飛んだ私たちは、翌3日目、少しアクティブに動くことに!

メインは、「ハナウマベイ」でのシュノーケル体験です。

ハナウマベイは、遠浅の湾で、トロピカルな美しいお魚がウヨウヨ泳いでいるのです。

hawai6

シュノーケルは初体験でしたが、とにかくたくさんのお魚が泳いでいます。

お魚と一緒に泳ぐなんて体験、なかなか出来ませんよね!

こちらは、自然保護区に指定されていて、湾内ではお魚を触ったり、珊瑚を持ち帰ったりすることは固く禁止されています。禁止事項をきちんと守って、楽しみましょうね!

HANAUMA BAY NATURE PRESERVE(ハナウマベイ自然保護地域)
住所:100 Hanauma Bay Dr.
TEL:インフォメーションライン(テープ案内・英語) 808-396-4229
開園時間:夏季6:00~19:00、冬季 6:00~18:00、夏季・冬季ともに火曜休園
入場料:大人7.50ドル、12歳以下無料

パワースポット・ペレの椅子へ!

ハナウマベイからの帰り道、私たちはとあるパワースポットに立ち寄りました。

「ペレの椅子」という名の通り、自然に出来た岩場が「椅子」のようになっています。

hawai7

こちらでパワーを浴びてきた私たちは、ランチタイム。

ラニカイのショッピングモールにあるこちらのお店のハンバーガーはとてもおっきい!

肉々しい、ボリューミーなハンバーガーと地ビールを頂いたのでした。

hawai8

テディーズ ビガー バーガー (カイルア店)
住所:539 Kailua Rd Ste 101 Kailua, HI 96734 (地図
URL:http://teddysbiggerburgers.com/
営業時間:10:00-21:00
休業日:無休

4日目~5日目、ホノルルでビーチヨガ&お買い物!

ラニカイですっかり癒やされた私たちは、そろそろ町が恋しくなってきて

いざ、ホノルルへ!

ホノルルの目的は、勿論お買い物。

けれどその前に、ワイキキのビーチで行われているビーチヨガに行ってきました。

 

私も友人も普段からヨガをしているのですが、やはりアウトドアのヨガは格別!

インストラクターは日本人の方で、英語と日本語を交えながらとても楽しくレッスンして下さいました。

hawai9

ラニカイに別れを告げて、マラサダ&ロコモコランチ

いよいよ、旅も最終日。ラニカイビーチに別れを告げて、再びホノルルへ。途中、ハワイの名物、「マラサダ」の名店へ。マラサダは、あんこの入っていない揚げパンのようなものです。

そう書くとなんだか物足りない感じもしますが、ところがどっこい、生地がモチモチしていてとっても美味。おまけに、1ドル以下の安さ!

そして、注文すると、一つからその場で揚げてくれて、できたて熱々を食べられるのです。

デリシャス!!

hawai10

チャンピオン・マラサダズ(Champion Malasadas)基本情報

住所:1926 S Beretania Street, Honolulu, HI 96826
営業時間:火〜土曜6:00〜19:00、日曜6:30〜16:00、月曜休業

そして、ホノルルで最後のランチへ。

ロコモコをテイクアウトして、アラモアナビーチで食べました。青いお空とロコモコのベストマッチング!

最終日にふさわしいランチになったのでした。

hawai12

ハワイ、ラニカイの旅 まとめ

いかがでしたか?ハワイ、ラニカイの旅。

・予算

旅の予算は、航空券100,000円+コンドミニアム51,000円+レンタカー18,000円+現地費31,000円

しめて、200,000万円の旅になりました。

ハワイは物価が高いです。今回は、コンドミニアムとレンタカーを利用したことで、滞在費を安く抑えることが出来ました。

・旅の行程

1日目 ホノルル空港到着。ラニカイへ
2日目 ラニカイビーチ滞在
3日目 ハナウマベイ&パワースポット「ペレの椅子」へ。
4日目 ビーチヨガ&ホノルルで買い物
5日目 ホノルルでお買い物
6日目 ラニカイ~ホノルル空港へ

・利用会社、サービス

HIS:航空券の予約には、「H.I.S. ハワイ旅行」を利用しました。「HIS」の良い所は、たくさんの航空会社から比較検討して選べると言うこと!旅が決まったのが直前だったのですが、羽田発の便を予約できたことで、ハワイでの滞在時間を長く取ることが出来ました。

ホテルズドッドコム:コンドミニアムの予約は「ホテルズドッドコム」を利用しました。コンドミニアムの情報が満載で、クレジットカードがあれば、日本から予約することが出来ますよ!

お疲れ様でした。





海外旅行に行く前に要チェック!

海外旅行でのスマホやWi-Fiレンタル等の準備はどうすればいい?高額請求されないために


コメント

タイトルとURLをコピーしました