名古屋のおすすめグルメと日本一のイルミネーションを楽しむ東海旅行プラン

三重

イルミネーションに連れていって!!

特別なイルミネーションが良い!!

妻にそう要求された私はやれやれと思いつつ書店を訪れ旅行誌を物色。

もともとプランニングが趣味のような私はなんだかんだながらせっせと旅行を計画していました(笑)

というわけで今回の目的地は名古屋&ちょっとだけ三重県。それでは出発です。

1日目:歴史を探索 名古屋城

出発した私達の最初の目的地は名古屋といえばココ!!という観光スポット。

金のしゃちほこで有名な名古屋城。日本に住んでるならお城は見とかなきゃダメでしょ!!ってことで訪れることに決めました。

名古屋1

まずは加藤清正がお出迎え。

徳川御三家尾張藩の城として有名な名古屋城だけどなんで加藤清正の像が?って思って調べたら

名古屋城築城に携わったうちの1人で名古屋出身だから像が置かれているらしい。

敷地内を暫く歩くと名古屋城が!!名古屋2平城なので坂道もなく楽々と到着できました。

やっぱりお城っていいなぁ~。

日本の「建築美」を感じますよね。風情を感じるってわざとらしく大げさに感じるくらいでちょうどいいんです。
そのほうが旅行も楽しいから(笑)

名古屋城内へ

ここまで来たからには城内に入りますよ~。

城内は名古屋城の歴史、名古屋の歴史にまつわる展示物が所狭しと展示されています。

このように当時の城下町の町並みを再現した通りがあったり、触り放題、写真撮り放題の金のしゃちほこの
等身大レプリカが置いてあったりとお城としては珍しく、まるで歴史アミューズメントパークのようです。

名古屋3歴史を疑似体験するのってとっても楽しいですよね。

文字ばっかりじゃ難しいけどこんな感じなら楽しい!!(笑)

城内を楽しんだら敷地内をぶらぶら…

しているとなんとこんなものを発見

名古屋4

また金のしゃちほこ(笑)

思っているより大きいんです。人一人より明らかに大きい。

でもこれ本物なのかな…?城内のは明らかにレプリカだったんですけどこっちのは詳細を読むのを忘れてしまった…!!

これが本物なのかどうか誰か教えて下さい…!!(笑)

名古屋城基本情報

名称:名古屋城
住所:名古屋市中区本丸1-1
営業時間:09:00~16:00
定休日:12月29日~1月1日
入場料:
大人500円
中学生以下無料
公式HP:http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

名古屋グルメきしめんを堪能

名古屋城を堪能した私達は名古屋城の隣にある食堂へ

ちょっと年季が入っていますが味のある良い食堂です。

そこで名古屋グルメきしめんを堪能。

名古屋5

やっぱりベースは味噌で!!

味噌のまったり感ときしめんのぶっとい麺が最高に合う~。

名古屋味噌…最高です。

お腹いっぱいになった私達はぶらぶらと公園を散歩。公園内には2頭だけしかが飼われており偶然見ることが出来ました。

見れた人には幸運が訪れるかも?見かけた際は脅かさずに遠くから温かい目で見守ってあげて下さいね。

公園でぼーっとしていた私達。今思うと旅行に来ているのに何をしているんだと思いますがこの公園内本当に落ち着くんです。

愛知でも随一のお洒落スポット栄へ

すっかり名古屋城を堪能したので次の目的地へ。

愛知でも随一のお洒落スポット、栄へゴーです。

名古屋6名古屋からほど近いんですが名古屋より少し落ち着いた雰囲気。

近くには総合ショッピングビルがあったり大人なデートを楽しむことができちゃいます。

そんな私達の大人デートは…

名古屋7ずばりアイススケート(笑)期間限定だったんですが、スケートリンクが設営されていました。

メロウな音楽が流れていてまるで外国のような雰囲気。なんだか久しぶりにデートって感じのデートだったように思います(笑)

アイススケートって意外と体力を使う…(笑)

クタクタになったので夕食に…

名古屋といえばやっぱり味噌カツ!

名古屋8名古屋といえばやっぱり味噌カツ!!ガッツリと頂きました。

やっぱりお味噌がおいしい~。味噌にカツってありそうでなかった組み合わせ。

今では名古屋グルメとして有名だけど一昔前だと全く考えられませんよね。

そういった意味では名古屋グルメって凄い!異色の組み合わせで奇をてらったものだけっていうのが多い中味噌とカツは最高のバランスでした!!

名称:矢場とん 矢場町本店
住所:名古屋市中区大須3-6-18
営業時間:11:00~21:00
定休日: 不定休
公式HP:http://www.yabaton.com/

ホテルへの帰り道に世界の山ちゃん発見

おいしく頂いた後はホテルへ帰るだけ…と思いきや見覚えのある看板が…

あっ!!!世界の山ちゃんだ!!そういえば発祥は名古屋…

とりあえず買って帰るか。ということで手羽先を1人前購入。

今となっては全国展開し、どこでも味わうことが出来ますが、やっぱりおいしい~♪

やっぱり本場って大事ですよね。

名古屋9本場の手羽先ご馳走様でした♪

ハミルトンホテルブラックに宿泊

名古屋10

名古屋11引用元

ホテルは名古屋駅近くのハミルトンホテルブラックに宿泊。簡素なビジネスホテルでしたが
とっても清潔でした。

公式HP:http://www.hamilton-hotel.jp/black/index.htm
じゃらん掲載ページ:http://www.jalan.net/yad362385/

東海旅行 1日目まとめ

10:00出発

11:30名古屋城到着
↓場内散策
15:00名古屋城出発
↓栄へ向かう
15:30ショッピング&アイススケート

18:00夕食

19:00ホテル到着

2日目:日本一のイルミネーションを求めてまずは朝ごはん

ビジネスホテルの朝ごはんってなんだか魅力的ですよね。

特別なものはないんだけど…調子に乗って食べ過ぎてしまう(笑)

ハミルトンホテルブラックの朝食もとってもおいしかった~。朝からマーボードウフです。

名古屋12

朝ごはんをいっぱい食べて元気いっぱい!ちょっとゆっくりしてから出発します!

トヨタ産業技術記念館へ

愛知と言えばトヨタってことで今日はトヨタ産業技術記念館へ。

名古屋13

トヨタだから車かな~?とおもっていたら大間違い!

車というよりはトヨタが歩んできた道のりと、日本の産業の歴史の博物館のような場所でした。

日本の産業を支えてきた繊維機械がたくさん並びます。

名古屋14

産業革命を思わせる機械に思わずワクワク。どのように機械が動作しているのかをよく見ることが出来ます。

子どもでも簡単に理解できるように展示されているため、専門的な知識がなくても楽しめます。

実際に動作している機械も多いため、その動きに「お~!」となってしまうことも多いですよ。

古いものばかりでなく、最新の技術を使った機械もありました。

名古屋15 この機能には私も驚きを隠せない…!!

データ化した画像を入力すると機械がその画像を生地として織り込んでくれるのです。

その画像の繊細さに驚き…!!人間の手作業の温かみこそないですが単純に技術の発展に驚くばかりです。

もちろんトヨタに車を展示していないわけありません。

名古屋16

歴代のトヨタ車がずらり!!

車好きにはたまらない光景でしょうね。

私も父が昔乗っていた車を見つけてはしゃいだりしちゃいました〈笑)

トヨタ産業技術記念館の敷地の広さには驚かされます…

館内をしっかり見ようとするとなかなかの時間が必要です。車好きや機械好きな人がいくともうとまらないと思います(笑)

それほど中身が充実しているということ。

日本一の産業を築いたトヨタの歴史と日本の成長を担った産業の歴史を堪能しましょう!

トヨタ産業技術記念館基本情報

名称:トヨタ産業技術記念館
住所:名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
営業時間:09:30~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
入場料:
一般500円
中高生300円
小学生200円
公式HP:http://www.tcmit.org/

日本一のイルミネーションなばなの里へ

半日以上堪能してしまい、日も暮れかかっていました。イルミネーションを見るには良い時間です。いざ、日本一のイルミネーションを見に行きます。

訪れたのは三重県桑名市のなばなの里。冬になれば素晴らしいイルミネーションを楽しむことが出来ます。

名古屋17

入り口にはピーターラビット君がお出迎え。どんなスケールなのかワクワクしながら園内へ…

名古屋18

イルミネーションが徐々に姿を現します。私達が訪れたときのテーマは

「日本の四季」

そう。ここは年毎にテーマが変わっていくんです。

つまりいつ訪れても楽しめる。さすが日本一ですね。

名古屋19 そして名物の光のトンネル。写真で撮ると一層幻想的です。

そして光のトンネルを抜けるとメインの会場へ…

名古屋20

おぉ~!思わず感動の声が上がってしまいました。

当日は雨が降っていたのですが周りの方の傘が幻想的な雰囲気を一層引き立てていました。

ケガの功名。こんなこともあるんですね。日本一ということもあってそのクオリティは間違いありませんでした。

妻とロマンティックな雰囲気をしっかり堪能してきました。

なばなの里基本情報

名称:なばなの里
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
営業時間:09:00~22:00
*時期や日によって多少違うのでHPを要チェック
定休日:なし
入場料:2000円(園内で使える1000円の食事クーポン付)
小学生以下無料
公式HP:http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/

イルミネーションを堪能したら帰路へ・・・とてもロマンティックな旅行でした。

東海旅行 2日目まとめ

11:00出発

12:00トヨタ産業技術記念館到着
↓館内散策
16:00出発

17:00なばなの里到着

20:00なばなの里出発

東海旅行 まとめ

予算

宿泊費:素泊まり1名4000円×2=8000円
食費:
1人5000円×2=10000円
その他入場料等 12000円
計約30000円

どんな人におすすめの旅行プランなのか

ロマンティックな1日を過ごしたい二人にはとてもオススメの旅行です。栄もそうですし、なばなの里も大人でも
楽しめる雰囲気でした。

注意事項

なばなの里、栄のアイススケートは時期によるのでHP等要確認

利用会社、サービス

じゃらん:ホテル予約にはじゃらんさんを利用しました。ビジネスホテルの場合早割が多いので比較的安く宿泊できます。





海外旅行に行く前に要チェック!

海外旅行でのスマホやWi-Fiレンタル等の準備はどうすればいい?高額請求されないために


コメント

タイトルとURLをコピーしました