関西の南国♪南紀白浜観光(後編) ~名所三段壁に感動&とれとれ市場でランチ~

南紀白浜

関西の南国♪南紀白浜観光(前編) ~おすすめ観光スポットの和歌山マリーナシティへ~」に引き続き、南紀白浜観光を続けてまいります。

2日目は名所三段壁に行きました♪

南紀白浜観光2日目 三段壁へ

朝早く起床した私達は朝食後すぐに出発し、南紀白浜が誇る名所を訪れることに。

白浜といえば三段壁。入江内の荒い波が岩肌にぶつかる様子は壮大です。

sirahama16三段壁は外から楽しむだけでなく、中からも楽しめます。

館内に設置されたエレベーターで洞窟内に侵入でき、かつて紀伊で暴れまわった海賊、熊野水軍についての資料と共に、長年の月日をかけて育まれた洞窟内の自然を楽しむことができます。

洞窟の最奥には当時から祀られている弁財天を見ることができるので一訪の価値ありです。

三段壁 基本情報

名称:三段壁
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2927−52
営業時間:08:00~17:00
定休日:年中無休(12月のみ、点検のため不定休あり)
入場料:三段壁洞窟内入場料
おとな1300円 小学生以下650円 幼児 無料
公式HP:http://sandanbeki.com/

とれとれ市場へ

三段壁の景勝を楽しんだ後は南紀白浜でもっとも有名な市場へ!!

siramaha17

そうです。とれとれ市場です。私のテンションの高ぶり具合から見て分かるように、子どもの頃からここが
本当に大好きでした(笑)

場内にかかる定番のBGM、お店の方の威勢の良い声。まさに日本の市場!!って感じがして大好きなんです。

場内をぐるりと回ります。

sirahama20sirahama18sirahama19

魚がその形のまま販売されてるってやっぱりいいですよね。日ごろ食べている魚の全身って意外と知らないものです。

ちなみに私のおすすめはとれとれ市場入り口付近で売られているとれとれソフト。そう、ソフトクリームです。
今でこそ北海道牛乳を使った濃厚なソフトクリームは定番ですが私が子どもの頃はここでしか食べられない至高の一品でした。

改めて食べてみてもやっぱり美味しい♪絶対にオススメです。

自宅へのお土産も友達へのお土産も全て揃うとれとれ市場は南紀白浜の旅行では訪れなければならない場所と言えるでしょう!!

とれとれ市場 基本情報

名称:とれとれ市場
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521番地
営業時間:08:30~18:30(長期休暇中は営業時間延長アリ)
定休日:不定休(要HP確認)
入場料:無料
公式HP:http://www.toretore.com/tore/

南紀白浜アドベンチャーワールドへ 動物との楽しい思い出

次は私最大の思い出の場所へと向かいます。小学生くらいの私にとってハワイよりもどこよりも楽しかった場所、それが南紀白浜アドベンチャーワールドです。

sirahama21

子どもにとって何が一番楽しいかそれは新たな発見です。私はここに来るたびに新たな発見そして、動物との楽しい思い出が増え続けたのです。

足を踏み入れるたびに今までの思い出が鮮明に蘇るアドベンチャーワールド。大人になった今、再び上陸です。

sirahama22今ではすっかり人気者として定着したパンダもこの写真が撮れる距離で楽しむことが出来ます。

パンダってほんとおっさんみたい。中に人が入っていそうなリアルなだらだら感は見ている人を飽きさせません(笑)

sirahama23

さらに見ていて飽きない動物といえば私達人間と同じ霊長類のチンパンジー。

もう見ていると人間ですよ(笑)この写真だって本当に仲の良い老夫婦にしか見えない〈笑)

昔からこうやって動物の行動をしげしげと眺めるのが大好きでした。

さらにアドベンチャーワールドで大好きだったのがサファリウォーク。サファリパーク内を歩いて楽しめます。

自分のペースでゆっくりと猛獣を見れる場所ってとっても珍しい。

sirahama24

大好きなチーターもこの距離でパチリ☆

猛獣は基本的にどこへ行っても眠たそうにしているので見慣れた顔ですね(笑)

sirahama25

アドベンチャーワールド名物、ぺんぎんのお散歩中のぺんぎん君。

自分がカワイイってわかってんじゃないの?と突っ込みたくなるほど可愛らしい動きを繰り広げるペンギン君。その人気に嫉妬です。

そしてアドベンチャーワールドといえば一番の目玉はクオリティの高いショーです。今まで数々の動物園や水族館を訪れた私ですが、ここのショーのクオリティに勝てるショーはありませんでした。

まずはアシカショー…

ですがアドベンチャーワールドではもはやアシカショーではありません。

人気動物勢揃いのアニマルショー。なんとこんな動物までショーに登場。

sirahama26

鷹です。アニマルショーでは、アシカ、犬、アヒル、豚、カワウソなどの動物が可愛らしい姿で日ごろの訓練の成果を笑いありで魅せてくれます。

ちなみに動物も見て欲しいのですがこのショーにはもう一つの名物が…

それがトレーナーのお兄さんの1人。

嫌でも目だってしまうハイトーンボイスとキレッキレの動きでみんなの目線をクギヅケにしてしまうお兄さんがいるのです。

ショーの感想で動物より何よりお兄さんから目が離れなかったというお客さんもちらほら…(笑)

気になる人はぜひ訪れて自分の目で確認してみて下さい!!〈笑)

そしてアドベンチャーワールドの締めくくりといえばやはりイルカショー。

sirahama27この感動を超えるショーはなかなか見当たりません。イルカと人間の情愛ともとれる関係が見ていてとても心を動かされます。まさに絆といいましょうか。信頼関係で結ばれたような以心伝心の演技は文句なしのクオリティ。

アドベンチャーワールドオリジナルの曲も涙を誘います。

1度このショーを見れば癖になること間違いなし!!そして曲も頭から離れないこと間違いなし!!です。

ショーが終われば辺りは夕焼けで染まっています。1日が終わる雰囲気の中流れるBGMと家族が笑いながら園内から去っていく姿がいつも忘れられません。

思い出補正といわれても結構ですが言い切ってしまいましょう。間違いなく日本一のアニマルパークです!!

南紀白浜アドベンチャーワールド 基本情報

名称:南紀白浜アドベンチャーワールド
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
営業時間:09:30~17:00
定休日:不定休(要HP確認)
入場料:
大人(高校生以上) 4100円 中人 3300円 小人 2500円
公式HP:http://www.aws-s.com/

南紀白浜観光 2日目まとめ

07:30 ホテル出発

08:00 三段壁到着
↓三段壁観光
09:30 三段壁出発

10:00 とれとれ市場到着
↓場内観光
11:30出発

12:30 アドベンチャーワールド到着
↓園内観光
18:00 アドベンチャーワールド出発

白浜旅行記まとめ

・予算

ホテル代 1人10,000円
観光地入場料等 1人9,400円(内訳 ポルトヨーロッパ 4,000円(入場料1,500円+乗り放題チケット2,500円)アドベンチャーワールド4,100円 三段壁 1,300円)
食費 1人 5,000円
その他諸費用 1人 5,000円
計 1人 29,400円

・どんな人におすすめの旅行プランなのか

家族連れにはぜひともオススメです。特に小さなお子様連れの方にはとても訪れやすい観光地です。どこの観光スポットも子ども連れの方に利用しやすいよう配慮がなされていました。

・注意事項

定休日等はHPで事前に確認しておくとよいでしょう。

利用会社、サービス

じゃらん:ホテル予約にじゃらんさんを利用。じゃらん限定プランでお得に宿泊できました。

お疲れ様でした。





海外旅行に行く前に要チェック!

海外旅行でのスマホやWi-Fiレンタル等の準備はどうすればいい?高額請求されないために


コメント

タイトルとURLをコピーしました