お正月におすすめ旅行♪香川をぶらり冬の瀬戸内旅行♪有名神社巡りでご利益ゲット!

国内

年始は瀬戸内をぐるり!有名神社を初詣してご利益ゲットだぜ!

お正月は基本的に親戚まわりで忙しかった私ですが、今年くらい正月に旅行に出かけてもいいじゃないか!と思い立ち、旅行に出かけることにしました。

目的は2つ!

① 金毘羅神社で年始のお参りをしたい!

② 香川のおいしいうどんを食べたい!

この2点です(笑)とってもわかりやすい!!

というわけで出発です。

大阪から車で2時間弱で香川に到着。北浜alley

大阪から車で2時間弱で香川に到着。

私たちがまず訪れたのは「北浜alley」

seto1

こちらは、かつては倉庫地帯だった地域を全面改修し、ギャラリーやカフェや雑貨店が集まる地域にイノベーションしたところです。

ノスタルジックな雰囲気にとっても癒されます。元倉庫地域というだけあって、瀬戸内沿いにあり、海も近いため
景観もとてもよいものとなっています。演奏会などのイベントも行っているのでぜひチェックしてみてください。

北浜alley 詳細情報

名称:北浜alley
住所:〒760-0031 香川県高松市北浜町4−14
営業時間:各店舗による
定休日:各店舗による
公式HP:http://www.kitahama-alley.jp/

金毘羅神宮へ

北浜alleyで午前中をの~んびり過ごした私たちは北浜alleyを後にし、初詣へ向かうことに 向かった先は目的地の金毘羅神宮。

参道へ到着すると、この人の多さ!

seto2

さすがは四国でも随一の大きさを誇る神社です。

香川というだけあって讃岐うどんのお店が立ち並びます。

とりあえず私たちは神社を、先へ進みます。

金毘羅神宮は少し小高い丘の上にあるので

階段&階段…

正月らしい冷たい風を肌で感じながら上へ上へと昇っていきます…。

seto3

ようやく本殿がお目見え…

ここまで大体20~30分ほどかかりました(笑)

しかしお正月にこうしてしっかり歩くとなんだかご利益もありそうです!(笑)

公式によると階段はなんと1368段!これはもう上るだけで健康というご利益があるということでしょか…(笑)

ちなみに金毘羅神宮は香川県民にとっても、日本国民にとってもすごく特別な場所です。

愛称は「こんぴらさん」

もともとは神社として創建、時代の流れへ寺社へと変化。

そして廃仏毀釈の流れによって再び神社へ…

今では、神社としての特徴、寺社としての特徴を備え持つ特別な場所となっています。

江戸時代には旅を禁じられていた庶民が、お伊勢参りと合わせて許可されていたのも、この「こんぴらさん」。

このような経緯もあって、初詣にはこのようにたくさんの人が訪れるわけですね。

私たちも新年の幸福を願い…

参拝後は待望のうどんを堪能します♪

参拝が終わると、参道へ戻り、待望のうどんを食べることに!

こちらは本殿から参道に降りてすぐのうどん屋「虎屋旅館」さんのうどん。

seto4

とってもおいしかったのですが、讃岐うどんに肝心のコシが足らなかったように感じました…。

そしてもう少し参道を降りていくと、見えたのが「中野うどん学校」さん。

讃岐うどんの教室、体験を営んでいるうどん屋さんです。

あまりのおいしさに写真を撮り忘れてしまった私…(笑)

それくらい美味しかったのを今でも覚えています。

うどんのコシ、のど越しの良さ…夫婦でそれぞれ2杯目のうどんでしたが、あっさりと食べきってしまいました(笑)

中野うどん学校 詳細情報

名称:中野うどん学校 琴平校
住所:香川県仲多度郡琴平町796
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
公式HP:http://www.nakanoya.net/

本場のさぬきうどんを食べきった私たちはあまりのおいしさに感動すると同時にこう思ったのです。(まだいけるぞ…)と(笑)

そしてその場で人気のお店を検索…向かった先は「山下うどん」さん。

seto5

香川でうどんといえばセルフ式が当たり前!

「山下うどん」さんでも麺のみは注文、あとはセルフサービスです。

そしてまたこの讃岐うどんが…美味しいんですよ(笑)

見た目のシンプルさとは打って変わって、強いうどんのコシと、強いツユの味。

そしてのどに流れ込んでいくような最高のノドゴシ。いくらでも食べれてしまいそう…(笑)

しかもこのボリュームでもワンコインもかかりません。コスパの良さもとっても魅力的でした!(笑)

山下うどん 詳細情報

名称:山下うどん
住所:香川県善通寺市与北町284-1
営業時間:9:30~18:30
定休日:火曜日
紹介サイト:食べログ

満腹になりホテルへ

さすがにお腹が満たされた私たちはホテルへ向かうことに。

今回お世話になったのは「高松ワシントンプラザホテル」さん。

高松駅からのアクセスもよく、とても利用しやすいビジネスホテルです。

seto6画像引用(http://washington.jp/takamatsu/)
名称:高松ワシントンプラザホテル
住所:〒760-0052
香川県高松市瓦町1丁目2-3
公式HP:http://washington.jp/takamatsu/

正月ご利益旅行 1日目 まとめ

北浜alley

金毘羅神宮

中野うどん学校

山下うどん

高松ワシントンプラザホテル

2日目は香川から瀬戸大橋を渡り岡山へ

2日目は香川から北上し、岡山へ向かいます。seto7瀬戸大橋を渡ります。瀬戸大橋の中腹の与島という島にお土産屋さんがあるのでちょっと立ち寄ってみます。

seto8

ここで瀬戸内地方のお土産がほとんど買えてしまうので、愛媛の名物や徳島の名物なども手に入っちゃいます。

私たちも訪れていない県のお土産も含めてたくさん購入してしまいました!(笑)

与島プラザ 詳細情報

名称:与島プラザ
住所:有料道路上
営業時間・定休日:各店舗によるためHP要チェック
公式HP:http://www.jb-highway.co.jp/sapa/yoshima.php

岡山駅のイルミネーションはおすすめ

瀬戸大橋を渡り切ると、そこは岡山県。岡山といえば城下町、倉敷ですよね。当然、私たちも倉敷へ向かいます。

seto9

倉敷は今までに何度か訪れていますが、いついってもいいものです。やはり日本の街並みや景色は四季によって姿を変えるところが魅力の一つでもありますよね。(参考:国内旅行でおすすめ岡山観光プランをご紹介 ~芸術と夕日を楽しもう~

倉敷はほんとに少し寄った程度。倉敷を後にした私たちは岡山駅前へ向かいます。

seto10

なぜ岡山駅かというと、このイルミネーションを見るためです!岡山駅前は冬になると、イルミネーションで彩られ、
とてもロマンチックな雰囲気に包まれます。

デートの締めとしてはもってこいの演出ですね。こうして私たちは帰路へと着きました。

冬の瀬戸内旅行 二日目まとめ

瀬戸大橋

与島プラザ

倉敷観光

岡山駅前

冬の瀬戸内旅行 まとめ

冬の瀬戸内旅行どうでしたか?冬の瀬戸内は魅力がたくさん!

寒いといっても、ほかの地域よりは寒さが緩いため、冬の旅行にはぴったりです!

ぜひ訪れてみてくださいね!

・利用会社

今回の旅行の計画で参考にさせていただいたサイトはこちらです。

じゃらん:ホテル予約にはじゃらんを利用。プラン選択の幅広さと見やすさ、ポイント還元などの理由でよく利用させて頂いています。ホテルの予約にはやっぱりじゃらんが強い!掲載ホテル数も多く、ポイントも付与されるため継続的に使うにはやっぱりじゃらんですね。

うどん県旅ネット:香川県の公式サイトです。自らうどん県をなのる徹底ぶりに笑けてしまいますが、観光情報はたっぷり詰まっていて、とても役に立ちます。





海外旅行に行く前に要チェック!

海外旅行でのスマホやWi-Fiレンタル等の準備はどうすればいい?高額請求されないために


コメント

タイトルとURLをコピーしました